韓国のウェブ漫画にまた日本の漫画盗作疑惑、連載が中止に=韓国ネット「だから発展しない」

韓国のウェブ漫画にまた日本の漫画盗作疑惑、連載が中止に=韓国ネット「だから発展しない」

22日、韓国・朝鮮日報は、ネイバーウェブトゥーンにまたも盗作疑惑が浮上したと伝えた。写真は「彼女の六何の原則」と「少女裁判」の似ていると指摘された場面。

2022年5月22日、韓国・朝鮮日報は、韓国のインターネットサービス大手NAVER(ネイバー)の子会社でウェブ漫画を手掛けるネイバーウェブトゥーンにまたも盗作疑惑が浮上したと伝えた。

記事によると、最近連載が始まった新作「魑魅魍魎(イメマンリャン)」に「日本の漫画に酷似している」との指摘が出たことを受け、ネイバーウェブトゥーン側は連載中止の措置をとると発表し、「問題の原稿を修正して連載を再スタートさせる」と説明した。

「魑魅魍魎」は朝鮮時代を背景に、悪魔退治に挑む主人公を描いたファンタジー作品で、10日に連載がスタートした。しかしスタート直後から、コンセプトや一部のセリフがテレビアニメ化された日本の人気漫画「チェンソーマン」に酷似しているとの指摘が相次いだ。ある読者は作品のコメント欄に「あまりに似ているので、韓服(韓国の伝統衣装)を着たチェンソーマンだと言われたら信じてしまう」と書き込んだという。

ネイバーウェブトゥーンに盗作騒動が起きたのは今回が初めてではない。先月には、連載作間の盗作疑惑が浮上した。「彼女の六何の原則」が「少女裁判」を盗作したというもので、「彼女の六何の原則」の作者は「深く感銘を受けた作品だったので序盤のコンセプトに一部影響を受けた」と認めて謝罪した。

昨年9月にも、「熱いトタン屋根の上の猫」のキャラクター設定や背景描写、セリフが日本の人気漫画「エヴァンゲリオン」や「MONSTER(モンスター)」に酷似しているとして問題となり、連載が中止されていた。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「恥ずかしい」「ネイバーウェブトゥーンは漫画と言えない。絵のクオリティーが日本のアニメに劣るし、つまらない。なのに今度は日本の漫画を盗作する事件まで起こすとは。だから韓国の漫画は発展しないんだ」「韓国の漫画文化自体が日本の漫画のオマージュ。そこから抜け出せていないのは事実」「韓国のウェブ漫画は人気のものでも大半が日本の漫画を盗作している。漫画はいまだに日本に追いつけていない」「いっそ日本の漫画を連載しなよ。その方が100倍面白い」など厳しい声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)