王毅外交部長が太平洋島しょ国など8カ国歴訪、第2回中国・太平洋島国外相会合開催へ

王毅外交部長が太平洋島しょ国など8カ国歴訪、第2回中国・太平洋島国外相会合開催へ

外交部の汪文斌報道官は24日の定例記者会見で、「南太平洋7カ国と東ティモールへの訪問期間中、王外交部長は各国の外相とそれぞれ会談し、国家元首、政府首脳と会見する予定だ」と述べました。

王毅国務委員兼外交部長は5月26日から6月4日にかけて、ソロモン諸島、キリバス、サモア、フィジー、トンガ、バヌアツ、パプアニューギニアの南太平洋7カ国と東ティモールを公式訪問します。また、ミクロネシア連邦へは「クラウド訪問」を行い、クック諸島の首相兼外相、ニウエの首相兼外相とビデオ会談を実施し、フィジーで第2回中国・太平洋島国外相会合を主宰する予定です。

これについて、外交部の汪文斌報道官は24日の定例記者会見で、「訪問期間中、王外交部長は各国の外相とそれぞれ会談し、国家元首、政府首脳と会見する予定だ。今回の訪問は、中国とこれらの国々の政治的相互信頼を高め、各分野での協力を新たな段階に進め、二国間関係の長期的発展に新たな原動力を注ぎ込み、アジア太平洋地域の平和、安定、発展に積極的に貢献するものだ」と述べました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)