シャオ・ジャンが新スキル獲得!「斗羅大陸」のメイキングシーンを公開

シャオ・ジャンが新スキル獲得!「斗羅大陸」のメイキングシーンを公開

シャオ・ジャン主演の中国ファンタジー時代劇「斗羅大陸 〜7つの光と武魂の謎〜」からメイキング映像の一部が公開された。(c)New Classics Television 2021

ブロマンスドラマ「陳情令」で一躍トップスターの座についたシャオ・ジャン(肖戦)主演の中国ファンタジー時代劇「斗羅大陸 〜7つの光と武魂の謎〜」は、ネット小説の王と称される唐家三少の超人気小説を豪華共演陣と一流スタッフで映像化した。

C-POPグループ「X玖少年團」に所属し、俳優人気ランキングではことごとく1位を獲得、各国のファンミーティングには数万人単位でファンが押し寄せるという超人気のシャオ・ジャンが演じたのは、人間に秘められた不思議な力「武魂(ぶこん)」の類まれな素質を持つ青年、唐三(タン・サン)。本作では、中国紙・北京日報などを発行する北京日報報業集団が主催する「影視榜様2021年度総評」(映画・テレビロールモデル2021年年間総評)の「人気男優賞」を受賞した。

ヒロインの小舞(シャオウー)を演じるのは、K-POPアイドルグループ「宇宙少女」のソニとしても活躍し、現在はC-POPグループ「火箭少女101(ロケットガールズ101)」のフロントとして人気を集めるウー・シュエンイー(呉宣儀)。

共演には、フレッシュな若手スターと、それを支えるチウ・シンジー(邱心志)などのベテラン俳優、台湾エンタメ界からはフェイルンハイ(飛輪海)のケルビンことチェン・イールー(辰亦儒)やモデル出身のイケメン俳優ウェン・シェンハオ(温昇豪)、香港映画界のケニー・ビー(鍾鎮濤)など、アイドル出身から実力派俳優まで美男美女が終結し、魅力的なキャラクターを演じている。

このたびブルーレイ、DVDリリース&配信を記念して、7月6日発売のブルーレイ、DVD-BOX3に収録される特典映像から、メイキングの一部が公開された。

映像は、シャオ・ジャンが唐三を演じるために、必要不可欠なスキルを獲得する過程のメイキング。シャオ・ジャンが演じる唐三は類まれな武魂を持つ鍛冶職人の息子。父親を手伝い鍛冶をするため、金槌で鉄を打つスキルは必須だ。スタッフの姿をじっくり観察し、動きを理解したシャオ・ジャンは、監督からアクションの声がかかると、見事な金槌さばきを見せる。本番では炎の効果も加わり、シャオ・ジャンの姿が凛々しくかっこいい。

2つ目のスキルのまき割りでは、スタッフから動きを伝授され、まき目がけて斧を振り下ろすと、刺さるだけで割れずに、スタッフからダメ出しが。2回目にはコツをつかんでスパッと割れたものの、本番まで斧を振り下ろす動作を繰り返し、体に動きを覚え込ませるシャオ・ジャン。風雪の中での本番では、力強く1発で割って見せた。

そして3つ目のスキルはワイヤーアクションの後方宙返り。シャオ・ジャンはお腹にベルトを巻き、ワイヤーでつられ、後方に宙返りし、着地と同時にターンするはずが、着地に失敗し、ぐらついてしまう。スタッフから「骨盤を立てる感じで」とアドバイスを受けると、今度は着地を成功させ、きれいなターンとともに完璧な後方宙返りを決め、身体能力の高さを見せつけた。失敗しても挫けず熱心に修練し、完璧にこなすシャオ・ジャンが素敵すぎる。

関連記事(外部サイト)