中国CDC、上陸の可能性あるサル痘の迅速な特定に自信示す

中国CDC、上陸の可能性あるサル痘の迅速な特定に自信示す

中国疾病予防コントロールセンターウイルス病研究所の許文波所長は、中国に上陸する可能性があるサル痘の感染例を速やかに特定する能力を有していると説明しました。

国務院共同予防・抑制メカニズムは9日午後3時に記者会見を行いました。同会見で中国疾病予防コントロールセンター(CDC)ウイルス病研究所の許文波所長は、中国は感染の疑いがある患者の臨床サンプルに対し、サル痘ウイルスのPCR検査とモニタリングを実施することで、中国に上陸する可能性があるサル痘の感染例を速やかに特定する能力を有していると説明しました。

また、世界33カ国で報告されている小児の原因不明の急性肝炎の疑い例については、「WHOが採取と特定を推薦しているアデノウイルス、サイトメガロウイルス、EBウイルス、水痘ウイルス、単純ヘルペスウイルスなどを含む関連病原体について、中国は成熟した技術と信頼性の高いPCR検査・スクリーニング能力を備えている」と述べました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)