WHO事務局長のコロナ関連発言めぐる一部報道は事実無根=外交部

WHO事務局長のコロナ関連発言めぐる一部報道は事実無根=外交部

外交部報道官は、WHO事務局長のコロナ関連発言をめぐる一部報道は事実無根だと述べた。

近ごろ、一部メディアが、「世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスの発生源として最も可能性が高いのは武漢の実験室だと、欧州側に非公開のコメントをした」と報道していることを受けて、外交部の汪文斌報道官は22日、「これについてWHO事務局は中国側に釈明した。テドロス事務局長は公私共にこのような発言を一切しておらず、報道されている内容は事実ではなく、事務局長は報道内容に反対している」と強調しました。

汪報道官は22日の外交部定例記者会見で関連の質問に答えた際、「WHOの国際専門家チームは、中国側の招きを受けて武漢の実験室を視察した。その共同研究報告でも、実験室からの流出は極めて不可能との結論が明確に出ている。一部のメディアが匿名で、噂を広めるような形で実験室からの流出説を騒ぎ立てているが、これは事実を顧みない、下心ある行為だ。これによって、『実験室流出説』は中国に濡れ衣を着せ、科学的なトレーサビリティを阻害し、国際防疫協力の大局を破壊しようとする者たちによる政治的操作に過ぎないことが再び立証された」と述べました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)