ソウル日本大使館前の慰安婦像を巡り、所属自治区が条例を改正し撤去回避の動き

記事まとめ

  • ソウル日本大使館前の慰安婦像の所属自治区が条例改正案を提出し、4月にも成立する
  • 成立すれば慰安婦像は公共造形物と明確に定められ、無闇に撤去されることはなくなる
  • 韓国のネット上で「真の愛国者」など、条例改正案を歓迎する声が多くあがっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております