ビンドゥンドゥンがついに生産停止=中国ネット「今さら買う?」

ビンドゥンドゥンがついに生産停止=中国ネット「今さら買う?」

ビンドゥンドゥンを含む北京冬季五輪の各種ライセンスグッズの生産が1日から停止される。

2022年北京冬季五輪のマスコットキャラクター「ビンドゥンドゥン」の人気ぶりは日本でも大きな話題となったが、北京日報によると、ビンドゥンドゥンを含む北京冬季五輪の各種ライセンスグッズの生産が1日から停止される。生産停止後も販売は9月まで続くという。

このニュースは一時、中国のSNS・微博(ウェイボー)のトレンドランキング1位になった。

中国のネットユーザーからは、「誰が欲しがるの?」「買ってどうするのさ」「もうブームは過ぎたよ…」「実のところ、以前欲しいと思ったものは全部買ったし、ブームは過ぎた」と閉会後のグッズ販売に疑問を呈する声や、「こんなに高いのになぜ買えようか(泣)」「どうして送料が15元(約300円)もかかるんだ」と値段について不満を漏らす声、「まだ生産されてたのか!今さら買う人いる?」「売れなさそう。正直言うと品質が本当に悪い」とグッズに対して否定的な声が上がった。(翻訳・編集/刀禰)

関連記事(外部サイト)