中国と東南アジア諸国は相利共生の重要なパートナー=外交部

中国と東南アジア諸国は相利共生の重要なパートナー=外交部

外交部の趙立堅報道官は1日の定例記者会見で、王毅国務委員兼外交部長のタイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアの東南アジア4カ国歴訪を発表しました。

外交部の趙立堅報道官は1日の定例記者会見で、王毅国務委員兼外交部長のタイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアの東南アジア4カ国歴訪を発表しました。

趙報道官は今回の歴訪について、「中国と東南アジア諸国は山水がつながる隣国であり、運命を共にする友人だ。相利共生の関係であり、共に発展を図る重要なパートナーでもある」と説明しました。

趙報道官はまた、「今回の歴訪を通じて、東南アジア4カ国との戦略的意思疎通を深め、質の高い『一帯一路』イニシアティブの共同建設を進め、二国間関係に新たなエネルギーを注入し、新たな成長ポイントを創出し、中国・ASEAN(東南アジア諸国連合)の全面的戦略的パートナーシップの構築によいスタートを切らせ、地域ならびに世界の平和と発展により大きな貢献をする」と、今回の歴訪に期待を寄せました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)