中国でトイレ革命の新3年計画が始動=観光地用トイレ、6万4000カ所新設―中国メディア

中国でトイレ革命の新3年計画が始動=観光地用トイレ、6万4000カ所新設―中国メディア

24日、新浪が、中国でトイレ革命の新3年計画が始動すると伝えた。写真はトイレ。

2018年2月24日、新浪が、中国でトイレ革命の新3年計画が始動すると伝えた。

記事によると、河北省正定県で23日、2018年全国トイレ革命工作現場会が行われ、国家観光局の李金早(リー・ジンザオ)局長が、2018年はトイレ革命の新たな3年計画が始まる年であり、この先、全国の観光モデル地区、A級観光地区などの各観光地の建設と評価作業において、トイレが不合格だとそれだけで不合格になると語った。

トイレ革命の新3年行動計画によれば、2018年に全国で2万4000カ所の観光地用トイレを設置し、3年間で6万4000カ所新設する予定だ。このトイレ革命新3年計画について李局長は、「一定の範囲内で社会に公開し、多くの群衆や観光客の監督を積極的に受け入れる」と語った。

李局長によれば、将来的にトイレ革命の調査を組織し、社会がトイレ革命作業を監督するようになるという。また、全国の観光モデル地区、A級観光地区、リゾート地、特別観光地などの創設と評価作業において、トイレ革命を必須条件とし、トイレが不合格だとそれだけで不合格とすることを明言した。

トイレ革命新3年計画では、観光による貧困支援、アグリツーリズム、紅色観光(共産党の歴史や思想をテーマにした観光地)の発展と連携し、アグリツーリズムや中西部貧困地区のトイレ建設を強化し、トイレ不足や不均衡問題を解決するとしている。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)