韓国で救急隊員への暴力や、緊急と虚偽申告をしたりする事案が減らず

記事まとめ

  • 韓国では、最近3年間の飲酒者などによる救急隊員への暴行事件が528件発生している
  • 法律では、救助・救急活動を妨げた場合、5年以下の懲役又は約98万円以下の罰金となる
  • 昨年の江原道地域の統計によると、救急出動も患者がいなかったケースが4574件あった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております