「クレヨンしんちゃん」の父ひろしがローン完済、中国でトレンド入り=「おめでとう」「感動的」

「クレヨンしんちゃん」の父ひろしがローン完済、中国でトレンド入り=「おめでとう」「感動的」

日本の人気漫画「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけの父親ひろしがローンを完済したと、中国で話題になっている。

日本の人気漫画「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけの父親ひろしがローンを完済したと、中国で話題になっている。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で複数のアニメブロガーが「野原ひろしがついにローン完済」とつぶやいた。1990年8月に同作の漫画の連載が開始され、作中で「家のローンがあと32年残っている」というセリフがあったことから、2022年8月にちょうどローン完済となる計算だ。

クレヨンしんちゃんは中国でも人気の作品で、幼少期の思い出として心に残っているという30〜40代も少なくない。微博では1日午後4時現在、「野原ひろしがついにローン完済」がトレンド入りするほど注目を集めている。

中国のネットユーザーからは「ひろし、お疲れさま」「はははは、おめでとう」「なんか知らないけどうれしい」「感動的」「立派なもんだよ」「もう32年もたったのか」「ということは、新ちゃんは今年何歳になるのかな?」「俺もずいぶん大きくなったよ」「おめでとう。ローンって本当に頭が痛いよね」「野原家の経済レベルは悪くなかったと思う。それでも32年のローンが必要なんだから、家って本当に高いよな」といったコメントが寄せられている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)