火鍋の調味料から大量の虫―中国

火鍋の調味料から大量の虫―中国

1日、河南省の火鍋店で調味料から大量の虫が見つかり、店と客の間でトラブルになったことが、中国版ツイッター・微博で注目を集めた。

2022年8月1日、河南省の火鍋店で調味料から大量の虫が見つかり、店と客の間でトラブルになったことが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で注目を集めた。

微博の動画アカウント・白鹿視頻が1日に紹介した動画によれば、河南省?河市の火鍋店で7月31日に、女性が食事をしていた際に調味料の粉末からカブトムシを発見、粉末を取り出してみると大量の虫がうごめいていたという。女性が店にクレームをつけたところ、店側は座席の変更と500元(約1万円)のプリペイドカードで賠償することを提示。女性はこれを不服として受け入れず、友人の口添えのもと10倍の賠償を求めたものの、店側は拒否した。

火鍋店の店主は「調味料は自家製で、気温が高いために虫が湧いたようだ。問題の調味料はすでに撤去した。女性には1000元(約2万円)を賠償したうえで病院に連れていくことを提示したが拒否された」と語っており、賠償をめぐる両者の交渉はなおも続いているようだ。

この件について、中国のネットユーザーは「自家製だからって虫が湧いていいのか?やっぱり衛生に問題があるだろう」「その日に作ったのでなければ、やっぱりチェックしなきゃいけないよね。そりゃあ放っておけば虫も湧くよ」「さあ12315(消費者ホットライン)に連絡だ」「動画を見てると本当に吐きそうになる」といった感想を残している。「こんなにたくさんのタンパク質提供してくれるなんて、なんと良心的な店だろうか」など、皮肉めいたコメントもあった。

また、動画ではどの店で問題が発生したかが明らかにされていないことから、「次なる被害者を出さないためにも、どの店か教えてくれ」という声も多く寄せられている。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)