韓国も日本も同じような観光地なのに…外国人のリピート率に歴然の差=韓国ネットは結果に納得

韓国も日本も同じような観光地なのに…外国人のリピート率に歴然の差=韓国ネットは結果に納得

12日、韓国・聯合ニュースは、日韓を訪れる外国人観光客のリピート率(再訪率)に大きな差がある現状を伝えた。写真は日本を訪れた外国人。

2017年7月12日、韓国・聯合ニュースは、日韓を訪れる外国人観光客のリピート率(再訪率)に大きな差がある現状を伝えた。

韓国文化観光研究院と日本の観光庁などによると、昨年の外国人訪問客数は韓国が1724万1823人、日本が2403万9053人、リピート率はそれぞれ38.6%、61.6%で、ともに大差がつく結果となった。特に注目すべきは、韓国へのリピート率が前年の46.1%から下落したのに対し、日本は58.7%から上昇した点だ。

一方、韓国と他国の中で旅先の選択に悩んだ人のうち、最も多い60.3%の人が韓国と日本を比較していたことから、外国人が日韓を「似たような観光地」として認識していることが判明した。しかし韓国へのリピート率が日本より低いということは、外国人にとって韓国が日本よりも魅力の劣る観光地であることも意味している。昨年両国を訪問した観光客の満足度は、韓国が95.0%、日本が93.8%と韓国が日本を上回ったが、再訪の意向は日本(93.3%)が韓国(84.1%)より高かった。

国別では、昨年の外国人客のうち初訪問の人の割合が最も高かったのは、韓国の場合はマレーシア(84.3%)、日本ではスペイン(71.3%)で、欧州など遠方地域では日本が韓国より人気が高いとの分析もなされている。

さらに、外国人観光客の滞在中の主な活動も日韓では異なっていた。昨年の場合、韓国では1位がショッピング(75.7%)、2位が食事(51.0%)だったのに対し、日本では1位が食事(95.0%)、2位がショッピング(80.5%)だった。

なお、昨年韓国を訪れた観光客のうち1人当たりの支出額が最も少なかったのは日本人で、同様に日本でも韓国人が最も少なかった。ただし、日本を訪れた韓国人観光客全体の支出額は、中国、台湾に続く第3位に入った。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「当然の結果。韓国の観光地は同じ韓国人もだまそうとするし、外国人ならなおさら」「韓国はソウル以外には何もないけど、日本は地方別に特色があって発展している」「確かに日本は旅先としてまた行きたくなる国だ」「観光産業を日本と比べて大丈夫なの?恥ずかしい」など調査結果に納得とのコメントが相次いでいる。

その他、「韓国の観光業界はマインドから徹底して改造すべき」「文化財の復元もしっかりやって。地域の特色に合った文化遺産も増やさないと」と韓国観光の改善点を指摘する声や、「日本を一番リピートしてるのは韓国人」「僕なら済州より福岡に行くね」などの自虐コメント、また「あれこれ言う必要などない。韓国はまだ国民性が後進国ってこと」と指摘するユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)