多くの国が「一つの中国」原則の堅持を改めて表明

多くの国が「一つの中国」原則の堅持を改めて表明

ペロシ米下院議長が台湾地区を訪問したことに対して、多くの国の政府が、「一つの中国」の原則の堅持を改めて表明し、国際法を踏みにじり、中国の主権と領土保全を深刻に侵害する米国の卑劣な行為を非難しています。

ペロシ米下院議長が中国の台湾地区を訪問したことに対して、多くの国の政府が、「一つの中国」の原則の堅持を改めて表明し、国際法を踏みにじり、中国の主権と領土保全を深刻に侵害する米国の卑劣な行為を非難しています。

スリランカのウィクラマシンハ大統領は4日、スリランカは「一つの中国」の原則を支持し、各国の主権と領土保全を守るという「国連憲章」の原則を尊重すると改めて表明しました。

ロシアの国家安全保障会議副議長のメドベージェフ氏は、ペロシ氏の台湾訪問は、アジアの安全を直接的に損なう露骨な挑発であり、米国側は「一つの中国」の原則を堅持すると言いながら、あらゆる手を尽くして分裂勢力を煽動していると指摘しました。

南スーダンのダウ副外相は、南スーダンは内政不干渉の原則を堅持し、「一つの中国」の原則を断固支持することを改めて表明したいと述べました。

ドミニク外務省は声明を発表し、ペロシ氏の台湾訪問は「一つの中国」の原則と中米間の3つの共同コミュニケに深刻に違反し、中国の主権と領土保全を深刻に侵害している。台湾問題は完全に中国の内政問題である。ドミニクは、「一つの中国」の原則を断固として支持すると強調しました。

さらに、タンザニア、アラブ首長国連邦、カタール、サントメ・プリンシペ民主共和国、モザンビークなどの国も、「一つの中国」の原則を堅持し、中国の主権と領土保全の尊重を改めて表明しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)