世界の300メートル以上の超高層ビル、7割が中国製―中国メディア

世界の300メートル以上の超高層ビル、7割が中国製―中国メディア

超ハイペースで高層ビルが建設されている中国。世界の高さ300メートル以上の超高層ビルは7割が中国製だという。写真は上海の高層ビル群。

2018年2月28日、中国中央テレビのニュースサイトによると、超ハイペースでビル建設が可能な建設機器が中国で開発された。

中国では、これまでの常識を覆すほどのスピードで超高層ビルが次々に建設されているが、新たに開発されたのがビル建設機器「空中造楼機」。従来のリフトアップ工法よりも揚重の効率が大幅に向上し、工期を20%短縮させることが可能になったという。

記事によると、世界の高さ300メートル以上の超高層ビルは約70%が中国製。中国では建物の高さだけでなく、建設効率や省エネ性なども追求されているとのこと。

高層ビル建設以外にも、これまで難題となっていた大断面トンネルの掘削で、新たに大型の全断面掘削機を自主開発するなど、中国は建設界では絶対的な優位に立つトップランナーだと記事は伝えている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事(外部サイト)