韓国・文大統領、平昌五輪「南北単一チーム」に期待=韓国ネット「いよいよ従北活動開始か」「そんなことをしても北朝鮮は変わらない」

韓国・文大統領、平昌五輪「南北単一チーム」に期待=韓国ネット「いよいよ従北活動開始か」「そんなことをしても北朝鮮は変わらない」

24日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の文在寅大統領が、平昌冬季オリンピックでの南北単一チーム実現に期待を示した。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

2017年6月24日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックでの南北単一チーム実現に期待を示した。

文大統領は24日、全羅北道(チョルラプクト)茂朱(ムジュ)郡のテコンドー園で開かれた世界テコンドー連盟(WTF)主催「世界テコンドー選手権大会」の開会式に出席し、「初めて南北単一チームを構成して最高の成績を収めた1991年の世界卓球選手権大会と世界ユースサッカー大会の栄光を、平昌冬季オリンピックで再び見たい」と述べ、平昌冬季オリンピックでの南北単一チームの構成を提案した。

さらに、文大統領は「南北選手団の同時入場で、世界の人々の拍手喝采を受けた2000年のシドニーオリンピックの感動を再び感じたい」とし、「北朝鮮応援団も参加し、南北和解の転機になってほしい」と強調。開幕式に参加した北朝鮮の張雄(チャン・ウン)国際オリンピック委員会(IOC)委員と国際テコンドー連盟(ITF)所属の北朝鮮テコンドー師範団に対し、「心から歓迎の言葉を申し上げる」とし、「テコンドー(選手権大会)での成果が平昌冬季オリンピックにつながること期待する」と述べた。

文大統領の発言を受け、韓国のネットユーザーからは4000を超えるコメントが集まっているが、そのほとんどが発言内容を批判するものだ。

コメント欄には、「南北単一チームもいいけど、25日は朝鮮戦争が勃発して67年目になる日だ。非常識な共産主義者の妄想で多くの人が死に、離散家族が出て、国土の大半が灰になった。自由民主主義を守るために死んでいった多くの護国英霊と国連の参戦勇士たちの崇高な犠牲を忘れるな」「韓国の大統領が、なぜ北朝鮮の共産主義者と手を結ぼうなどと言うのだ。文大統領は今すぐ退陣せよ」「なぜこんなに北朝鮮が好きなんだ?」「高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を先送りするようなことを言っていたが、こういうことだったのか」「そんなことをしても北朝鮮は変わらない」「いよいよ従北活動開始か」「文在寅弾劾集会はいつやる?」など、文大統領の対北朝鮮融和の姿勢に厳しい声が並んだ。(翻訳・編集/三田)

関連記事(外部サイト)