国際卓球連盟「卓球のイメージ損なわれた」、集団ボイコットの中国男子に制裁も―香港英字紙

国際卓球連盟「卓球のイメージ損なわれた」、集団ボイコットの中国男子に制裁も―香港英字紙

国際卓球連盟はこのほど、成都で行われている中国オープンで、中国勢3選手が試合をボイコットしたことについて、「世界的に卓球のイメージが著しく損なわれた」とし、「非常に真剣に」この問題を処理すると表明した。試合写真は馬龍。

2017年6月25日、香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、国際卓球連盟(ITTF)は、成都で行われている中国オープンで、男子世界ランキング1〜3位の中国の馬龍(マー・ロン)、樊振東(ファン・ジェンドン)、許●(シュー・シン、●は日へんに斤)が試合をボイコットしたことについて、中国チームから公式の謝罪を受けたことを明らかにした上で、「世界的に卓球のイメージが著しく損なわれた」とし、「非常に真剣に」この問題を処理すると表明した。

中国勢3選手は23日のシングルス2回戦に姿を見せず失格となった。中国卓球協会(CTTA)が20日、組織改革のため劉国梁(リウ・グオリアン)総監督を協会副主席に異動させると発表したことに対する抗議とみられる。中国政府の国家体育総局は23日、棄権した選手らを非難する声明を発表した。

ITTFは声明で「現在、すべての潜在的制裁がテーブルに乗っている。ITTFは、最終的な決定を下す前に調査を続けるだろう」とし、CTTAに対し詳細な報告書を要求した。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)