「昼顔」チケット争奪戦も話題に、上海国際映画祭が閉幕―中国

「昼顔」チケット争奪戦も話題に、上海国際映画祭が閉幕―中国

25日、第20回上海国際映画祭の授賞式で「金爵奨」が発表され、フィリピン映画「PAUW NA」が最優秀作品賞に選ばれた。

2017年6月25日、第20回上海国際映画祭の授賞式で「金爵奨」が発表され、フィリピン映画「PAUW NA」が最優秀作品賞に選ばれた。新浪が伝えた。

25日、上海国際映画祭で授賞式が行われ、コンペティション部門に出品された14作品の中から、フィリピン映画「PAUWI NA」が最優秀作品賞を獲得。日本から唯一の出品作となった降旗康男監督「追憶」は、惜しくも受賞を逃した。

最優秀主演男優賞に選ばれたのは、中国映画「冰之下」(The Conformist)から俳優のホアン・ボー(黄渤)。中国の俳優が受賞するのは3年連続の快挙となった。また、最優秀主演女優賞には、イラン映画「Yellow」からサレー・バヤトが選ばれている。

今年の上海国際映画祭では、もともとドラマ作品が中国でも人気だった「昼顔」の劇場版が公開され、チケット争奪戦が話題に。「日本映画週間」では最新の作品が多数公開されたほか、「昼顔」に主演した俳優・斎藤工の初監督映画「blank13」が、アジア新人賞部門で最優秀監督賞を受賞している。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事(外部サイト)