乗客が旅客機エンジンに硬貨投げ入れる、離陸遅れるトラブル―中国

中国の空港でジェット旅客機のエンジンに高齢女性が硬貨を投げ入れ、離陸遅れる

記事まとめ

  • 中国の上海浦東国際空港で、乗客がジェット旅客機のエンジンに硬貨を投げ入れた
  • 目撃者によると、高齢女性が大量の硬貨を取出し、エンジンに向かって投げ入れたという
  • 搭乗していた乗客は一旦全員降ろされ、機体をチェックした後、約6時間遅れて離陸した

乗客が旅客機エンジンに硬貨投げ入れる、離陸遅れるトラブル―中国

乗客が旅客機エンジンに硬貨投げ入れる、離陸遅れるトラブル―中国

27日、中国の上海浦東国際空港で、停まっていたジェット旅客機のエンジンに乗客の1人が硬貨を投げ入れ、離陸が遅れるトラブルがあった。写真は人民元硬貨。

2017年6月27日、中国の上海浦東国際空港で、停まっていたジェット旅客機のエンジンに乗客の1人が硬貨を投げ入れ、離陸が遅れるトラブルがあった。新民網が伝えた。

トラブルがあったのは、北京発広州行きの中国南方航空CZ380便。すでに搭乗していた乗客は全員一旦降ろされ、機体をチェックした後、約6時間遅れて離陸したという。

目撃者がネットの短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」に投稿した情報によると、乗客の一人の高齢女性が突然大量の硬貨を取り出し、エンジンに向かって投げ入れた。女性は精神に問題がある可能性があり、中国当局が調べている。(翻訳・編集/大宮)

関連記事(外部サイト)