中国・中間層の海外旅行、スポーツツーリズムが新たな人気に―中国メディア

中国・中間層の海外旅行、スポーツツーリズムが新たな人気に―中国メディア

27日、国際在線によると、中国でこのほどスポーツツーリズムに関する報告書が発表された。資料写真。

2017年6月27日、国際在線によると、中国でこのほどスポーツツーリズムに関する報告書が発表された。スポーツツーリズムは中間層の海外旅行の中で新たな人気商品になっているという。

このレポートは海航集団に属する海航凱撒旅遊が出したもので、スポーツツーリズムには試合参加、観戦、スポーツ体験、トレーニングなどが含まれている。レポートによると、今年前半の海外旅行者の中でスポーツツーリズムを選んだ人は全体の15.7%。男女別では男性が54%、女性が46%を占め、年齢別では25〜45歳の一定の経済力を持つ人が中心となっていることが示された。

目的地で最も人気が高いのは大きな試合が行われることで注目を浴びる欧州方面だが、東南アジアや北東アジアに向かう人も多い。関心度が一番高いのはマラソンで、その関心度は他の競技をはるかに上回っているという。また、男性はサッカー観戦、女性はスキーやサイクリングスポーツを好むという傾向も見られた。

国連世界観光機関(UNWTO)のデータによると、スポーツツーリズム産業は毎年14%のスピードで成長しており、世界の観光市場の中で最も成長が速い分野となっている。中国ではスポーツツーリズム商品が全国の観光市場に占める比率はわずか5%前後。中国当局は昨年、2020年のスポーツツーリズム人口延べ10億人、消費規模1兆元(約16兆5000億円)突破とする「指導意見」を発表、この先、スポーツツーリズムが成長する余地は大きいとみられている。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)