習主席、香港返還20年式典で演説=「一国二制度に新たな問題」歴史や文化など教育・宣伝の必要性強調―英メディア

習主席、香港返還20年式典で演説=「一国二制度に新たな問題」歴史や文化など教育・宣伝の必要性強調―英メディア

1日、中国の習近平国家主席は、香港返還20年の記念式典で演説し、香港に高度な自治を認める「一国二制度」について、「新たな問題が生じている」と指摘した。写真は2014年の香港反政府デモ(Hong Kong In-media提供)。

2017年7月1日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は、香港返還20年の記念式典で演説し、香港に高度な自治を認める「一国二制度」について、「歴史上残された香港問題を解決する最も良い方法であり、復帰後の香港が長期の繁栄と安定を保つ最も良い政策でもある」と述べ、堅持する姿勢を示した上で、「新たな問題が生じている」とも指摘。「国家の歴史や民族の文化に関する教育や宣伝を強化する必要がある」との認識を示した。英BBCが伝えた。

香港で広がる独立の動きについては、「主権や安全を脅かす行為」「中央の権力と香港基本法の権威への挑戦」「香港を利用した中国国内への破壊活動の浸透」の3つをレッドライン(越えてはならない一線)として挙げ、「それに触れることは全部許すことができない」とけん制した。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)