中国に対する挑戦?日本が中国より先に有人月面探査の実現を目指す―中国メディア

中国に対する挑戦?日本が中国より先に有人月面探査の実現を目指す―中国メディア

2日、中国のLinux情報サイト・Linux公社が、日本は中国より先に有人月面探査の実現を目指していると伝えた。資料写真。

2017年7月2日、中国のLinux情報サイト・Linux公社が、日本は中国より先に有人月面探査の実現を目指していると伝えた。

記事は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が文部科学省に対して、30年に有人月面探査の実現を目指す方針であることを報告したと紹介。これは、36年までに有人月面探査の実現を目指すことを発表した中国に対する「挑戦だ」と伝えた。

しかし、中国と日本では大きく異なる点として、中国は独自に有人月面着陸を計画しているのに対し、日本は複数国の協力によって実現しようとしていることだと指摘。これには費用面での負担が大きいことが主な理由であり、JAXAにとって独自での有人月面探査を実現するには費用が高すぎるという。

この複数国による協力は、25年に準備が始まるといわれているが、日本はまだこの計画の成員となれるか否か、正式には決定していないという。来年3月に行われる「国際宇宙探査フォーラム」で、JAXAは更なる細かな情報を公表する見込みであり、その時には、中国とインドで争っている「アジアの宇宙開発競争」に日本が何らかの変化をもたらすか、はっきりとするだろうと結んだ。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)