年間2億本以上を売り上げる日本で一番人気のアイス、その秘訣とは―中国ネット

年間2億本以上を売り上げる日本で一番人気のアイス、その秘訣とは―中国ネット

2日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、年間2億本を売り上げる日本で一番人気のアイスについて、その人気の秘訣を紹介する投稿記事が掲載された。 写真はあずき。

2017年7月2日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、年間2億本を売り上げる日本で一番人気のアイスについて、その人気の秘訣を紹介する投稿記事が掲載された。

記事が紹介したのは、井村屋の「あずきバー」だ。年間約2億5000万本を販売しており、日本人全員が毎年少なくとも2本を食べている計算になる。6年連続で夏のアイス売上第1位となっている人気商品だ。

この人気の秘訣について記事は、その「硬さ」にあると分析。井村屋の公式ツイッターでも、「硬いので歯に気を付けるように」との注意喚起があるほか、あずきバーの包装にも同様の注意書きがある。しかし歯科医によると、毎年あずきバーをかじって歯を折る事例が後を絶たないという。

また、刃物の生産地として有名な岐阜県関市では、ふるさと納税をした人への謝礼として、「硬さつながり」から包丁とあずきバーが贈られると紹介。他にも、あずきバーで釘が打てるとの実験動画があることや、ナイフメーカーによる硬さ試験では計測不能となるほどだと、その硬さを強調した。

記事は、日本には数多くの種類の食べ物がある中で、あずきバーが大人気である理由について、「極限までの匠の精神と良心的なアイス製造にある」と主張。多くのあずきアイスは、わずかなあずきと多くの着色料で作るが、井村屋は1つのあずきバーに100粒以上の上等なあずきを使用する良心的な企業だからだとした。

しかも、重いあずきをアイスにした時に、下に偏らず均等になるための特殊な製造方法を採用しており、匠の精神が体現されているのだという。さらに、乳化剤、安定剤などの添加物は使用しておらず、なるべく空気接触を避けるように製造していると、その姿勢を評価した。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)