習近平主席のロシア訪問は今年の重大ニュース、個人的な要素で関係強化―ロシア専門家

習近平主席のロシア訪問は今年の重大ニュース、個人的な要素で関係強化―ロシア専門家

4日、中国の習近平国家主席はロシアでプーチン大統領と会談し、ロシアとの親密な関係を強調した。中ロ関係に関して新華社通信は同日の記事で専門家の見解を紹介している。

2017年7月4日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席はロシアでプーチン大統領と会談し、ロシアとの親密な関係を強調した。中ロ関係に関して新華社通信は同日の記事で専門家の見解を紹介している。

ロシア国立研究大学「高等経済学院」の教授で中国問題の専門家であるアレクセイ・マスロフ(Alexey Maslov)氏は、「過去1年間は中ロ関係が大きく発展するための準備期間。現在両国はエネルギー分野や技術的な協力関係を強化しており、農産品貿易も好調。両国の対話の頻度はこれまでにないほど頻繁である。ロシアにとって中国は先行きが最も明るい協力パートナーで、習近平国家主席の今回のロシア訪問は両国関係発展の新たなチャンスとなるため、両国の今年の重大ニュースと言える」と指摘した。

さらに、ロシア科学院極東研究所のSergey Luzyanin所長は、「中ロの指導者は共通点を見つけやすく、周辺地域や国際問題において認識を一致させやすい。こうした個人的な要素が両国の密接な関係を強化している」と述べた。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)