米戦略爆撃機B1B「ランサー」2機が朝鮮半島展開、精密爆撃訓練公開=「一度、実際にやってみろ。でなければ張り子の虎」―韓国ネット

米戦略爆撃機B1B「ランサー」2機が朝鮮半島展開、精密爆撃訓練公開=「一度、実際にやってみろ。でなければ張り子の虎」―韓国ネット

8日、米国が「死の白鳥」と呼ばれる米戦略爆撃機B1B「ランサー」2機を朝鮮半島上空に展開し、爆弾投下の場面も公開した。韓国・聯合ニュースなど複数の韓国メディアが伝えた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

2017年7月8日、米国が「死の白鳥」と呼ばれる米戦略爆撃機B1B「ランサー」2機を朝鮮半島上空に展開し、爆弾投下の場面も公開した。韓国・聯合ニュースなど複数の韓国メディアが伝えた。

韓国空軍は8日、「米空軍のB1B爆撃機2機が、グアム・アンダーセン空軍基地から出撃し、朝鮮半島上空に展開した」とし、「北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射に強く対応するためのもの」と説明した。

B1Bの編隊は、韓国空軍のF15K戦闘機、米空軍のF16戦闘機とともに江原道の「必勝射撃場」上空で、北朝鮮の中核施設に対する精密爆撃訓練を行った。

訓練は、B1B爆撃機が、仮想の北朝鮮軍の弾道ミサイル発射台を爆撃し、F15K戦闘機が地下施設を爆撃するシナリオで行われた。B1Bの編隊は、日本海上空に進入し、北に飛行して爆撃訓練をした後、軍事境界線(MDL)近くを飛行した。

ウォン・インチョル空軍作戦司令官(中将)は「韓米空軍は、敵がいつ、どこで、どのような形で挑発してもすぐに対応し、敵の挑発を膺懲(ようちょう=征伐し懲らしめること)し、追加挑発の意志を抹殺する」と強調した。

米韓軍の動きを受け、記事は「北朝鮮が米国の独立記念日となる4日、ICBM(大陸間弾道ミサイル)『火星14型』の試験発射を敢行したことに対する強力な警告メッセージを発信したもの」と分析した。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは、「飛行機の燃料だけを無駄にせずに、一度、実際にやってみろ」「今回の威嚇もハッタリだったら、米国は自らが張り子の虎であることを世界に知らしめることになるぞ」など、強硬な意見が寄せられた。

また、「B2(米空軍のステルス戦略爆撃機)も一緒に朝鮮半島に常時配備して、いつでも攻撃できるようにしろ」と、北朝鮮への圧力をさらに強めるべきとする声もみられた。

そのほか「ステルス戦闘機で毎晩、主席宮(正式名・万寿台議事堂。最高人民会議が開会される建物)を空撮して帰還する訓練も追加して」「B1Bを平壌上空にとどまらせておいてくれ」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

関連記事(外部サイト)