武士道精神の化身、日本刀から見る日本人の強大さ―中国コラム

武士道精神の化身、日本刀から見る日本人の強大さ―中国コラム

中国のポータルサイト・網易は9日、「武士道精神の化身」と題したコラムを掲載し、日本刀の優れた点を紹介した。資料写真。

中国のポータルサイト・網易は9日、「武士道精神の化身」と題したコラムを掲載し、日本刀の優れた点を紹介した。

華やかな装飾に驚異の殺傷力を持つ日本刀は「世界三大冷兵器」とも呼ばれる。同時に武士道精神の象徴的な存在として独特の魅力を持つ。

日本刀の製造は非常に複雑で、良質な日本刀を作り出すには想像を絶する労力が必要となる。中国の元代や明代の文献で日本刀に関する記述があるほど当時からその品質の高さには定評があった。

日本刀は兵器だが、優美な造形と細かい装飾により現代では芸術品として扱われている。国宝級と呼ばれる名刀を再び生み出すことは不可能かもしれない。だが、精緻を追い求める匠の心は今なお受け継がれている。武士道精神も同様で、本来は戦いと密接な関係があるが、信仰とする仁義や勇ましさ、礼節などは美徳として現代に受け継がれている。文化の継承を重んじる民族の精神はとても強大だ。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)