47歳で出産の伊能静、70キロの体重が50キロに!「ダイエットの鉄則」を公開―台湾

47歳で出産の伊能静、70キロの体重が50キロに!「ダイエットの鉄則」を公開―台湾

10日、昨年6月に長女を出産した女優の伊能静が、ダイエットで20キロ以上も体重を落としたと報告している。写真は伊能静。

2017年7月10日、昨年6月に長女を出産した女優の伊能静(いのう・しずか)が、ダイエットで20キロ以上も体重を落としたと報告している。新浪が伝えた。

10歳年下の中国人俳優チン・ハオ(秦昊)と再婚した伊能静は、昨年6月に長女ミリーちゃんを47歳で出産している。臨月には70キロあった体重を、出産後は63キロまで落としたものの、年齢のせいか体の代謝が悪く、なかなか痩せることができず。しかし一念発起し、管理栄養士の指導を受けて50キロまで痩せたことを報告した。

伊能静がSNSで公開したある日の食事内容は、ゆで卵の白身のみ、ココナツオイルで焼いたサケ、ゆで野菜といったもの。ノンオイルドレッシングも1回分は「8キロカロリー」としており、細かなカロリー計算をしていたことがうかがえる。

伊能静が厳守していたダイエットの鉄則は、「冷たいものを飲食しない」「甘い炭酸飲料を飲まない」「間食やスイーツを食べない」「フルーツは種類を選ぶ」「過度な食事制限はしない」「入浴とマッサージで代謝を上げる」というもの。さらに、毎日の運動は1時間程度のランニングが目標で、激しい運動を課すなどして自分に余計なプレッシャーを与えることは避けたと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事(外部サイト)