日本のあの都市が1位と2位、台湾の親子で行く夏休み人気旅行先―中国メディア

日本のあの都市が1位と2位、台湾の親子で行く夏休み人気旅行先―中国メディア

台湾で親子の夏休みの旅行先として沖縄が人気を集めている。写真は沖縄。

2017年7月12日、中国メディア・華夏経緯網によると、台湾で親子の夏休みの旅行先として沖縄が人気を集めている。

記事はBookinng.comのデータを引用し、5大人気観光地を紹介。台湾の人が最も重視する点は利便性で、飛行機でわずか1時間ほどで着く沖縄の人気が最も高かった。ランキングを見てみると、1位は沖縄の恩納村で、2位は沖縄の北谷町と、沖縄の人気の高さがうかがえる。3位以降はいずれも台湾の観光地で、宜蘭県礁渓郷、南投県魚池郷、南投県仁愛郷が続いた。

記事は恩納村について「風景はもちろんのこと、水上レジャーが豊富で、ホテルの環境は良く、交通の便も良い」と評価し、北谷町に関しては「ゆっくり過ごしたい人におススメ。何よりも夕日は必見」と紹介した。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)