日本企業の過労死対策、残業を減らすために流す音楽とは?―中国メディア

日本企業の過労死対策、残業を減らすために流す音楽とは?―中国メディア

13日、中国メディアの中国青年網が、日本企業による過労死対策について紹介する記事を掲載した。資料写真。

2017年7月13日、中国メディアの中国青年網が、日本企業による過労死対策について紹介する記事を掲載した。

記事は、日本の残業文化は非常に有名で、過労死が社会問題化していると指摘。そのため、企業も過労死を防ぐための対策を講じており、一部の企業では退社時間になると「音楽を流す」方法で、退社を促していると紹介した。

退社時間に「燃える」音楽を流す企業もあるという。例えば三井ホームでは、午後6時になると終業時間を伝えるのに映画「ロッキー」のテーマ曲を放送すると紹介。すると社員は次々と立ち上がり、残業するか否かを宣言し、残業が必要な社員には上司がアドバイスしたり、周りが手伝いを申し出たりして早く帰宅できるよう協力し合うという。

記事によると、退社時間に「燃える」音楽を放送するのは、社員が気持ちを切り替え、時間通りに退社する意識を持って自分をリラックスさせ、残業が必要な人には「残りの仕事もがんばろう!」と奮い立たせる狙いがあったという。

三井ホームによると、この「燃える」音楽を放送するようになってから、残業時間の合計が2〜3割ほど減っており、効果が出ている。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)