韓流EXO出身のクリス、187センチの身長で存在感!リュック・ベッソン最新作に出演―中国メディア

韓流EXO出身のクリス、187センチの身長で存在感!リュック・ベッソン最新作に出演―中国メディア

18日(現地時間)、リュック・ベッソン監督の最新作「ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンドプラネッツ(原題)」の米プレミアにクリスが出席した。

2017年7月18日(現地時間)、リュック・ベッソン監督の最新作「ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンドプラネッツ(原題)」のプレミアに、歌手で俳優のクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)が出席した。新浪が伝えた。

7月21日から全米公開の「ヴァレリアン」はリュック・ベッソン監督によるSF大作映画。原作は仏人気コミック「ヴァレリアンとロールリーヌ」で、ベッソン監督はローティーンの頃からこの作品の大ファンだった。28世紀の未来都市を舞台に、時空を超えて人類の世界を守る2人のエージェント、ヴァレリアンとロールリーヌの活躍を描いている。

ヴァレリアンを米俳優デイン・デハーン、ロールリーヌを英女優カーラ・デルヴィーニュが演じるこの作品だが、中国からは韓流人気グループEXOの華人メンバーだったクリスも出演。ハリウッド映画への出演は、「トリプルX:再起動」に続く2作目となる。

18日、米ロサンゼルスで行われたワールドプレミアには主演の2人をはじめ、女性歌手リアーナ、人気モデルのケンダル・ジェンナーらと並んでクリスも出席。身長187センチ、手足の長い抜群のスタイルを誇るクリスだけに、「世界的スターと並んでも見劣りしない」と中国のネットユーザーに絶賛されている。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事(外部サイト)