世界企業番付トップ5のうち4社が中国の銀行=中国ネットが意外な反応

世界企業番付トップ5のうち4社が中国の銀行=中国ネットが意外な反応

22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、2017年フォーチュン・グローバル500の利益ランキングトップ5について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまコメントが寄せられた。写真は中国銀行。

2017年7月22日、中国のポータルサイト・今日頭条に、2017年フォーチュン・グローバル500の利益ランキングトップ5について紹介する記事が掲載された。

フォーチュン・グローバル500の利益ランキングで1位になったのは米アップル社で、456.9億ドル(約5兆円)だった。

しかし2位から5位までは中国企業が独占。2位が中国工商銀行で418.8億ドル(約4兆6000億円)、3位が中国建設銀行で348.4億ドル(約3兆8000億円)、4位が中国農業銀行で276.9億ドル(約3兆円)、5位が中国銀行で247.7億ドル(約2兆7000億円)の利益だった。

これに対し、中国のネットユーザーからは「中国からは全部銀行じゃないか」「米国は技術でもうけているのに、われわれは手数料でもうけているんじゃないか。これは恥ずかしい笑い話だ」「米国は実業で利益を出しているが、中国の4社は吸血鬼だ!これは恥ずかしいし、悲しいことだ」などの声が相次ぎ、この結果を誇らしく思った人はいないようだった。

他にも「トップ5社のうち、1社は世界中でもうけていて、4社は中国国内でもうけている。中国人って疲れるな」、「中国人の大部分は銀行のために働いているようなもの」などのコメントもあり、不動産ローンで苦しんでいる様子が伝わってくる。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)