上海で飼い犬や飼い猫にかまれ病院で診察を受ける人が急増 狂犬病感染の恐れも

記事まとめ

  • 中国上海では、7月以降に飼い犬や飼い猫にかまれ、診察を受ける人が急増しているそう
  • 高齢者がエアコンを使わず、気温の高い部屋で情緒不安定になったことなどが原因のよう
  • 狂犬病などに感染する恐れもあるため、病院で診察を受けるように注意を促している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております