米国産コメ、中国へ輸出開始決定=ベトナムなどと競争へ―米メディア

米国産コメ、中国へ輸出開始決定=ベトナムなどと競争へ―米メディア

22日、米テレビ局CNBCによると、米農務省はこのほど、米国産のコメを中国へ輸出することで中国当局と合意したと発表した。

2017年7月22日、米テレビ局CNBCによると、米農務省はこのほど、米国産のコメを中国へ輸出することで中国当局と合意したと発表した。米国産米の中国輸出は初めて。環球時報(電子版)が伝えた。

米メディアが米稲作業界団体の関係者の話として伝えたところによると、米政府は01年に中国が世界貿易機関(WTO)に加盟後、米国産米の輸出開始に向けて中国当局と協議を開始。病害虫防除などの対策でこのほど双方が一致し、輸出開始が決まったという。

米農務省によると、中国は世界最大のコメ生産・消費国。13年以降は世界最大のコメ輸入国にもなっている。中国のコメ輸入量は過去10年で9倍に急増しており、昨年は500万トンを突破した。一方、米ブルームバーグ通信は、中国へは世界有数のコメ輸出国であるベトナム、タイ、パキスタンなども輸出しており「米国にとって強力なライバルになるだろう」と予測している。

米中両政府は19日、米ワシントンで閣僚級の第1回包括経済対話を開催したものの、米国側が大幅な赤字になっている貿易不均衡の是正に向けた具体策は示せなかった。今回のコメ輸出開始はわずかな成果といえるだろう。(翻訳・編集/大宮)

関連記事(外部サイト)