「ひどい米国へ行くことは永遠にない」ドゥテルテ比大統領が誓い―中国メディア

ドゥテルテ氏"米国はひどい"

「ひどい米国へ行くことは永遠にない」ドゥテルテ比大統領が誓い―中国メディア

「ひどい米国へ行くことは永遠にない」ドゥテルテ比大統領が誓い―中国メディア

フィリピンのドゥテルテ大統領は21日、トランプ米大統領の招待を受けたとしても任期中または任期後に「lousy(ひどい)」米国に行くことはないと誓った。

2017年7月22日、中国メディアの海外網によると、フィリピンのドゥテルテ大統領は21日、トランプ米大統領の招待を受けたとしても任期中または任期後に「lousy(ひどい)」米国に行くことはないと誓った。

AFP通信によると、ドゥテルテ大統領のこの発言は、20日の米議会の聴聞会でドゥテルテ氏の薬物戦争を「疑いのある中毒者やディーラーの大量殺りくを招いた」とし「フィリピンの指導者がトランプ大統領の招待状を利用した場合に抗議する」と述べたジム・マガバーン議員に向けられたものだ。

ドゥテルテ大統領は記者団に「私の任期中、あるいはその後に米国に行くことは決してないだろう。その男は私が米国に行くと思っているのか?私は米国を見てきたが、それはひどいものだ」と反撃した。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)