落馬事故の恐怖を克服?馬にまたがるリン・チーリン、ネット上では絶賛の嵐―中国

落馬事故の恐怖を克服?馬にまたがるリン・チーリン、ネット上では絶賛の嵐―中国

23日、12年前に落馬事故で大けがを負ったリン・チーリンが、恐怖を克服して馬上の姿を披露し、ネット上で絶賛を浴びている。写真はリン・チーリン。

2017年7月23日、12年前に落馬事故で大けがを負ったリン・チーリン(林志玲)が、恐怖を克服して馬上の姿を披露し、ネット上で絶賛を浴びている。鳳凰網が伝えた。

中国のリアリティー番組「旅途的花様」に出演しているリン・チーリンは、このほどロケでロシアへ飛び、現地で乗馬に挑戦。23日、堂々と馬にまたがっている写真を番組が公表し、チャレンジに成功したことが分かった。

リン・チーリンは05年7月、中国・大連でCM撮影中に落馬事故を起こし、肋骨(ろっこつ)7本の骨折、左肺の挫傷という大けがを負っている。この時の恐怖を克服することができず、先日報道された同じ「旅途的花様」のロケ現場からの様子を見ると、乗馬を促されたリン・チーリンが「私は無理…」と話し、涙まで浮かべて拒否していた。

わずかな時間だが馬に乗ることができたリン・チーリンは、「10年以上もずっと怖かったことを、ほんの少しだけ克服できた」とコメント。死ぬような思いをした過去の恐ろしい記憶から必死に抜け出そうとする姿を、「勇気をもらった」「涙が出た」とネットユーザーが絶賛している。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事(外部サイト)