北朝鮮のミサイル発射実験、米韓に続き中国も批判声明―米メディア

北朝鮮のミサイル発射実験、米韓に続き中国も批判声明―米メディア

29日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「米韓に続き中国も批判、北朝鮮のミサイル発射実験」を掲載した。中国外交部報道官も批判声明を発表している。写真は中朝国境。

2017年7月29日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「米韓に続き中国も批判、北朝鮮のミサイル発射実験」を掲載した。

28日午後11時42分(日本時間)、北朝鮮は弾道ミサイルの発射実験を行った。北朝鮮内陸部のムピョンリから発射されたミサイルは約1000キロを飛行士、北海道から約200キロ西の日本海に落下した。

発射実験後、米韓は速やかに抗議声明を発表。中国外交部も29日に「国連安全保障理事会決議及び国際社会の共通の願いに背くもの」との言葉で批判声明を発表した。その後、日本も抗議声明を発表。国際社会は北朝鮮への圧力を強めている。(翻訳・編集/増田聡太郎)

関連記事(外部サイト)