香港や台湾で「夏のインフルエンザ」が猛威 香港では3日間で21人が死亡

記事まとめ

  • 香港や台湾で「夏のインフルエンザ」が猛威をふるっているという
  • 香港では7月28-30日の3日間で21人、台湾では23-29日の1週間に14人が死亡
  • 台湾では冬が過ぎてもインフルエンザの流行が終わらない状態が続いていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております