108匹のイヌを救うため、警察になりすました中国人が捕まる―四川省

108匹のイヌを救うため、警察になりすました中国人が捕まる―四川省

中国四川省綿陽市でこのほど、盗まれたと思われるイヌを救い出すため警察官になりすました男性が捕まった。

中国四川省綿陽市でこのほど、盗まれたと思われるイヌを救い出すため警察官になりすました男性が捕まり、話題となっている。1日付で成都商報が伝えた。

7月31日午後、綿陽市に住む男性は盗まれたイヌが同市三台県のある場所に集められていることを突き止め、SNSで有志を集い警官に変装して現場に急行した。男性らは白の乗用車にパトランプを点け信号を無視しながら進んでいたが、近くをパトロールしていた本物の警官に見つかってしまった。

車からは手錠も見つかり、警察手帳の提示を求められ「家に置いてきた」と言い逃れするも、警官が氏名で照会しなりすましであることが判明。男性がイヌの情報を目にしたのはSNSのグループチャットで、連日情報が掲載され注視していた。イヌを救い出す際に抵抗されることを懸念し警察になりすますことを思いつき、数日前にネットで警官になりすますための道具を用意したと語っている。翌8月1日に警察は2人を拘留処分とし、2000元(約3万3000円)の罰金を言い渡した。

現地関連部門によると、男性らが救い出そうとした108匹のイヌの中には野良犬のほかペットとして飼われたと思われるイヌも混じっており、関連の書類がなく出所もわかっていない。当局はイヌを運搬していた車両を押収しイヌを保護して詳細な状況確認を進めている。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)