北朝鮮の水爆が6-18カ月以内に完成する可能性も 米国のシンクタンクが分析

記事まとめ

  • 北朝鮮が近いうちに水素爆弾の開発に成功する可能性が現実味を帯びてきたという
  • 米国シンクタンクの局長は「6〜18カ月以内に完成するものとみられる」と伝えた
  • 北朝鮮の「KN−08」ミサイルが、この水爆を搭載する能力を持っていると分析している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております