総工費1兆4100億円の巨大プロジェクト、マレーシア東海岸鉄道が着工―中国紙

総工費1兆4100億円の巨大プロジェクト、マレーシア東海岸鉄道が着工―中国紙

11日、環球時報は記事「中国企業、マレーシアに859億元の超大型鉄道=海外では最大のプロジェクトに」を掲載した。マレー半島を横断する総延長688キロ、総工費約1兆4100億円の巨大プロジェクトだ。

2017年8月11日、環球時報は記事「中国企業、マレーシアに859億元の超大型鉄道=海外では最大のプロジェクトに」を掲載した。

9日、マレーシア東部パハン州クアンタンで、東海岸鉄道の着工式が行われた。路線はタイ国境付近からマレー半島の東海岸を経由しクアンタンの港に到達、さらに半島を横断してクアラルンプールや西海岸のクラン港まで結ぶ計画だ。総延長は688キロ。24年7月までの完成を目指している。

中国インフラ建設大手、中国交通建設が建設を担当する。総工費550億リンギット(約859億人民元、約1兆4100億円)の巨大プロジェクトだ。中国の銀行が20年間の低利融資を実施し、事業費の85%をまかなっている。着工式に出席したナジブ首相は、沿線3州の経済成長率を1.5%引き上げる効果があると期待を表明した。建設工事によって8万人を超える雇用が生み出されると推算されている。(翻訳・編集/増田聡太郎)

関連記事(外部サイト)