台湾と中国、大気汚染を巡り関係悪化も 台湾政府の批判に中国側「責任転嫁だ」

記事まとめ

  • 台湾では最近、季節風に乗って汚染された空気が流れ着き大気汚染が深刻化しているそう
  • 台湾環境保護署の統計では、台湾で観測されるPM2.5の約26%は中国から飛来とみられる
  • 中国側は台湾に「責任転嫁だ」と反論、大気汚染をめぐる中台関係は悪化しているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております