韓国製品の輸入規制、各国増加―中国メディア

韓国への輸入規制が最も多い国は

中国メディアの参考消息は29日、今年上半期、韓国製品に対する主要貿易相手国の輸入規制は200件を超えていると報じた。

記事は韓国・聯合ニュースの報道を引用したもので、「大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が国会側に29日提出した資料によると、主要相手国の輸入規制は増加傾向を示している」と伝えた。

具体的に見ると、2017~20年にかけては187件、194件、210件、229件と増え続け、21年は210件、今年上半期は208件となった。208件のうち、国別では米国が47件と最多を占め、これにトルコ(19件)、インド(16件)、カナダ(14件)、タイ(8件)が続いた。品目別では鉄鋼、金属製品が100件と半数近くに上り、次いで多いのは化学製品の41件だ。

こうした状況にある議員は、「世界範囲で保護貿易主義が台頭するにつれ、各国の韓国製品に対する輸入規制も徐々に増えている。輸出中心型国家の特徴を考えると、韓国政府は積極的に対策を講じて企業の損失を最低限に抑える必要がある」との考えを示したという。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?