AI監視システム「天網」、16省市で運用=毎秒30億回の照合可能、精度99.8%―中国

AI監視システム「天網」、16省市で運用=毎秒30億回の照合可能、精度99.8%―中国

23日、中国メディアの観察者網は、中国で運用されているAI監視システム「天網」について紹介する記事を掲載した。資料写真。

2018年3月23日、中国メディアの観察者網は、中国で運用されているAI監視システム「天網」について紹介する記事を掲載した。

記事は、「天網」を開発した企業の共同創業者である袁培江(ユエン・ペイジャン)氏の話として、「天網」システムはすでに中国の16の省や市、自治区で運用されていると伝えた。

記事によると、街中に設置された監視カメラによって、公安は直ちに容疑者や行方不明者が出現した位置を特定し、警察はこの情報をもとに容疑者などを確保できるという。

顔認識技術は、すでに保安面で重要な作用となっていると記事は指摘。麻薬犯罪や窃盗、強盗、誘拐などの事件で役立っているという。「天網」はこの顔認識技術に依存しているが、「40種類の顔の特徴を認識し、異なる視角やコントラスト、動態・静態の違いがあっても正確に認識できる」と記事は紹介した。

また、記事によると「認識速度は非常に驚くべき速さ」だという。「毎秒30億回の照合が可能で、1秒で中国全国民をふるいにかけることができ、2秒あれば全世界の人をふるいにかけることができる」と伝えた。さらに「その精度も非常に高く、99.8%に達しており、肉眼での識別精度97.52%より高い」と紹介した。

「天網」はすでに多くの実績を挙げており、「過去2年間、全国で2000人以上の逃亡犯罪人が公安によって逮捕された」という。一例として、5億元(約85億円)のネット詐欺事件の容疑者逮捕の例を記事は紹介。ある日、河南省のある駅に容疑者が現れ、天網システムが認識して警報を出した。当時、警察は少し迷ってから1分後に出動したが、その1分の間に容疑者は人ごみに紛れて消えてしまったという。しかし、3日後に再び天網システムが容疑者を発見し警報。この時は直ちに出動して容疑者を確保することができた。しかし、このわずか3日間で容疑者によって2億元(約34億円)が使用されてしまった。この件を機に、警察も天網システムを重視するようになったという。

記事は、「天網」はほかにも行方不明の子どもの捜索にも役立っていることを強調。一方で、実際の運用においては監視カメラの解像度の低さや光加減、データのノイズが大きいなどの問題があり、顔認識システムはこうした問題を克服し、さらに進歩して最適化していく必要もあると結んだ。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)