中国で脳卒中などのリスクの恐れのある有害オゾン濃度が上昇  PM2.5の減少が影響か

記事まとめ

  • 中国で汚染対策が進められ、北部の33都市では微粒子状物質であるPM2.5が減少した
  • 一方で、脳卒中や心臓病などのリスクが高まる恐れのあるオゾン濃度は上昇している
  • PM2.5などの減少で日照量が上がり、生成に太陽光を必要とするオゾンの濃度が上昇か

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております