サッカーW杯「サプライズだった5チーム」「失望させた4チーム」香港メディアが選出

サッカー

サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会のグループリーグ全48試合が終了し、香港ニュースポータルの香港01は3日、「サプライズだった5チーム」と「失望させた4チーム」を選出した。

サプライズだった5チームに選んだのは、日本、韓国、オーストラリア、モロッコ、サウジアラビア。

「死の組」と言われたE組で、2014年の王者ドイツと10年の王者スペインを破って首位突破した日本について「今大会のサプライズの一つ」と評した。

一方、失望させた4チームとしてまずドイツを挙げ、日本に1-2で敗れ、スペインとは1-1で引き分け、コスタリカに4-2で勝利したもののE組3位で敗退したことについて、「前回大会で韓国に敗れ、捲土重来を期した今大会でも日本に敗れ、サポーターを極度に失望させた」とした。

他の3チームは、ドイツと同じくグループリーグ敗退した強豪のベルギーとウルグアイ、そして開催国として史上初の3連敗という不名誉な記録を残したカタール。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?