日本のコンビニの「外国人への禁止事項」が物議―香港メディア

日本のコンビニの「外国人への禁止事項」が物議―香港メディア

外国人へのコンビニ貼紙物議

肉まん

2022年12月5日、香港メディア・香港01に日本のコンビニエンスストアで外国人客向けに掲示された禁止事項が物議を醸したことを紹介する記事が掲載された。

記事は、日本のネット上でこのほど、大手コンビニチェーン店舗にある中華まんコーナーに「外国人のお客様へ『これ』禁止」と書かれた紙が掲示されていることが注目を集め、「外国人に日本語を読ませることを強制するのか」などの批判が噴出したと紹介。その後、コンビニチェーン企業が謝罪するとともに、外国人観光客が「これ」と指さした際に注文を間違えるケースが相次いだことによる措置との説明を行ったものの、ネットユーザーの批判は収まらなかったと伝えた。

そして、日本のネットユーザーからは「日本語で書かれているのに外国人にどうやって読めっていうのか。頭が悪いのか?」「外国人が多い店なら、なぜ外国語がわかるスタッフを採用しない?」「今は中華まんの種類が多くなっていて、日本人の自分でさえ名前が長すぎて注文するのに不便だと思うのに。たばこと同じように番号をつければいいじゃないか」といったコメントが寄せられたと紹介している。

その上で「このトラブルは明らかにコンビニ側の客に対する配慮不足によるもので、日本人からも反感を買うものだった」とし、トラブルを回避するためには海外旅行時にスマートフォンの翻訳アプリを使うことが望ましいとの考えを示した。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)

  • 7

    中国人は、日本に来なくてよろしい。(コロナ前は、来日する外国人観光客の95%が中国) コロナ前は、中国人が我が物顔で山手線に乗る姿が多く、はっきり言って、邪魔。

  • 6

    俺なんかちゃんと日本語で「肉まん下さい!」って言ったのに、あんまんを出された事があるぞ!!きっと店員が外人さんだったんだろうね(笑)

  • 5

    事なかれ主義に基づき少しでも批判されれば 取り敢えず謝罪する 時にはそれが美徳と評価されるかも知れないが 何でも謝罪すればいいと言う訳でもない 時には批判に対して堂々と自らの主張をすべきだと思う

すべてのコメントを読む