米アップル、iPad生産の一部を中国からインドへ?―米メディア

アップル、iPad生産の一部を中国からインドへ?

香港メディアの香港01は6日、米アップル社がiPadの生産の一部を中国からインドに移そうとしているとの米メディアの報道を伝えた。

記事によると、米CNBCは2人の消息筋の話として、「インド政府はアップルが一部のiPadを中国ではなくインドで生産できるようさまざまな選択肢を検討している」と報じた。同国の政府当局者がアップルと議論を開始したものの現時点では具体的な計画はないといい、消息筋は「インドに高度な技能や専門知識を持つ人材の不足していることで、計画が遅れる可能性がある」と指摘したという。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは今月3日、アップルが生産ラインを中国からインドやベトナムなどアジアの他の国に移すことを積極的に模索していると報じた。記事によると、アップルは今年9月にインドでiPhone 14シリーズの製造を開始したが、専門家はインドでのiPhone 14の生産は総生産量の5%以下と推定した。

一方、ループ・ベンチャーズのジーン・マンスター氏は、5年以内にアップル製品の35%がインドで生産されるとの見方を示している。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?