対中戦争が起きれば米国は中国やロシアに敗北する可能性があると米シンクタンクが指摘

記事まとめ

  • 米シンクタンクが米国と中国の軍事力の比率を2.7対1、ロシアとは6対1と評価した
  • 一方、米国の『2地域戦争』戦略には潜在的な弱点があるとも述べている
  • そのため、対中戦争が起きれば米国は中国や露に敗北する可能性があると指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております