韓国LG電子、日本の「グッドデザイン賞」で大量受賞=韓国ネットから喜ぶ声

韓国のLG電子が日本の「グッドデザイン賞」で10個の賞を受賞 韓国ネットから喜ぶ声

記事まとめ

  • 韓国のLG電子は「グッドデザイン賞」で、韓国企業最多となる10個の賞を受賞したと発表
  • その中でLGシネビームレーザー4KとLGウルトラワイドモニターは、上位ベスト100に選出
  • 韓国のネットユーザーからは「日本で認められるのは容易いことじゃない」などと喜ぶ声

韓国LG電子、日本の「グッドデザイン賞」で大量受賞=韓国ネットから喜ぶ声

韓国LG電子、日本の「グッドデザイン賞」で大量受賞=韓国ネットから喜ぶ声

3日、韓国・ニュース1によると、韓国のLG電子は、日本のデザイン分野の最高権威といわれる「グッドデザイン賞」で、韓国企業最多となる10個の賞を受賞したと発表した。写真はLG電子の店舗。

2018年10月3日、韓国・ニュース1によると、韓国のLG電子は、日本のデザイン分野の最高権威といわれる「グッドデザイン賞」で、韓国企業最多となる10個の賞を受賞したと発表した。

受賞製品のうちLGシネビームレーザー4KとLGウルトラワイドモニターは、上位ベスト100に選ばれた。同社のノ・チャンホデザイン経営センター長は「使う人の気持ちを考えた革新的デザインを施した製品をつくり続け、グローバル市場をリードしたい」と話したという。

これに、韓国のネットユーザーからは「ブラボー!」「LGの製品は、スマホ以外は素晴らしい」「僕が愛用するLGが世界に認められてうれしい」「韓国製品が日本で認められるのは容易いことじゃない」「家電はLGが最高。今の時代は機能だけでなくデザインも重要」などと喜ぶ声が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

関連記事(外部サイト)