<平昌五輪>中国に足りないのは羽生結弦のような大スター選手―中国メディア

<平昌五輪>中国に足りないのは羽生結弦のような大スター選手―中国メディア

17日、中国メディアは、平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦が今大会日本初となる金メダルを獲得したことに関連し、「中国に足りないのは羽生のような大スター選手だ」と指摘している。

2018年2月17日、中国メディアの鳳凰網に、平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦が今大会日本初となる金メダルを獲得したことに関連し、「中国に足りないのは羽生のような大スター選手だ」と指摘する自メディア(新興メディア)の記事が掲載された。

記事は「平昌五輪で日本がメダルラッシュとなっている一方で、中国は(記事掲載時点で)銀メダルこそ5枚と日本に並んでいるが、銅は1枚にとどまり、金メダルはゼロと伸び悩んでいる」と指摘した。

その上で記事は、66年ぶりの五輪連覇という快挙を成し遂げた羽生について「世界中から称賛の声が上がっている。羽生の行く先々に大勢のファンが集まる。会場ではひときわ大きな声援が飛ぶほどの人気で、その支持率は恐ろしいほど」「羽生はフリーの演技でジャンプに2回ミスがあり、自己ベストには及ばなかった。それでも世界中の誰もが羽生を今大会最高の選手だと認めている」などとした上で、中国がメダル獲得で伸び悩んでいるのは「羽生のような圧倒的な大スター選手がいないからだ」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事(外部サイト)